発毛促進に大切な3つのポイント!!

薄毛対策に『ナノアクションD』発毛促進に大切な3つのポイント2“Wナノ浸透”で発毛促進

2つのナノテクノロジーで“毛穴”と“頭皮”から深く浸透※して成分を届ける!※角層まで

サントリー独自のW(ダブル)ナノ浸透

約2兆個PLGA※1PLGAナノ粒子毛穴から深く浸透※4クララ根エキス※2ヒノキチオール※3等+サントリー独自のナノテクノロジーエマルジョン(浮遊型乳化物)PCTナノエマルジョン頭皮から深く浸透※4血行促進成分(酢酸DL‐α‐トコフェロール)W(ダブル)ナノ浸透

※1 湿潤剤:乳酸・グリコール酸共重合体
※2 湿潤剤:クララエキス(1)
※3 製品の抗菌剤として ※4 角層まで

育毛ケアを阻む“皮脂”を突破するために、サントリーは、毛穴から浸透する「PLGAナノ粒子」と頭皮から浸透する「PCTナノエマルジョン」の2つのナノテクノロジーを採用。『ナノアクションD』は、ナノ化された超極小の有効成分がダブルのアプローチで届くことで、太く長い髪に育て、抜け毛を防ぎます。

[1]“毛穴”から深く浸透する「PLGAナノ粒子」。

皮脂が発生する皮脂腺は毛穴の中にあるため、内側から毛穴をふさいでしまいます。「PLGAナノ粒子」は毛穴の1000分の1の大きさのため、この皮脂をラクラク突破。 約2兆個ものPLGAナノ粒子が毛穴全体を覆うように深く届き、クララ根エキス、ヒノキチオールなど髪に大切な成分を放出。発毛を促進します。人の毛穴の数は約4万個ともいわれていますので、一つひとつの毛穴に対して約5000万個ものPLGAナノ粒子が到達する計算になります。

毛穴全体に浸透※PLGAナノ粒子 毛穴に詰まった皮脂 PLGAナノカプセル拡大図 約160nm ※角層まで
PLGAナノ粒子の浸透力実験 ヒノキチオールのみを塗布した場合 皮脂 イメージ図 【検証写真】 1.2mm 成分が保護されていないため、毛根まで到達しづらくなっています。成分が届かなければパワーは期待できません。さらに成分は1~2時間後には消滅します。ヒノキチオールをPLGAナノ粒子に封入して塗布した場合 皮脂 PLGAナノ粒子 イメージ図毛穴全体に浸透 【検証写真】 毛穴 1.2mm 超極小のPLGAナノ粒子自体の浸透力に加え、徐々に溶け出すことにより、毛根まで成分が届きやすくなります。その持続時間は、約10時間以上。朝晩1回ずつの塗布で1日中力を発揮し続けます。●評価・撮影:県立広島大学・生命環境学部/三羽研究室

ほぼ1日中、毛穴に働きかける持続力!

せっかく成分が浸透しても、毛穴にとどまる時間が短ければその力は充分に発揮されません。「PLGAナノ粒子」は、頭皮の水分でゆっくりと分解され、クララ根エキス※1、ヒノキチオール※2など髪に必要な成分を約10時間にわたり放出。朝晩1回ずつの塗布で、ほぼ1日中、成分が毛穴に働きかけ、育毛を力強く促進し続けることになります。

朝晩2回の塗布でほぼ1日中成分の働きが持続 働いている間も持続 寝ている間も持続 10時間以上×2回PLGAナノ粒子の時間経過による分解イメージ 髪に大切な成分を内包 頭皮の水分で溶け出し成分を放出※1 湿潤剤:クララエキス(1) ※2 製品の抗菌剤として

[2]“頭皮”から深く浸透するサントリー独自の技術
  「PCTナノエマルジョン」。

抜け毛の一因とされるのが、頭皮の血行不良です。 頭皮が血行不良になると、硬くなり抜け毛や脱毛の原因になります。サントリー独自の技術「PCTナノエマルジョン」は頭皮になじみやすい構造で、皮脂を突破し頭皮(角層)に深く浸透。内包した血行促進成分「酢酸DL-α-トコフェロール」が、頭皮の血行を良くし、抜けにくい髪を育てます。

PCTナノエマルジョンの時間経過による浸透イメージ エマルジョン 頭皮 血行促進成分を内包 エマルジョンがなじむ 血行促進成分が細胞のすき間に浸透 PCTナノエマルジョン PCTナノエマルジョンが頭皮に浸透。毛  皮脂 角層 PCTナノエマルジョンが頭皮に浸透。
毛穴と頭皮へ2つのアプローチで届ける“W(ダブル)ナノ浸透”で発毛促進!浸透型発毛促進剤 薬用NANOACTIOND ナノアクションD 医薬部外品 ご購入はこちら
毛穴と頭皮への2つのアプローチで届ける “W(ダブル)ナノ浸透”で、太く、強く、発毛促進。浸透型発毛促進剤 薬用NANO ACTION D 医薬部外品 ご購入はこちら

頭皮ケアの専門家が教える 抜け毛や薄毛の原因と対策!詳しくはこちら

今すぐチェック!抜け毛や薄毛の「原因&サイン」チェック

シャンプー方法や頭皮の触れ方で頭皮環境が改善!正しい頭皮ケアテクニック

ためになる髪や頭皮の情報をお伝えします!知って得する育毛知識 記事一覧へ