発毛促進に大切な3つのポイント!!

知って得する育毛知識 夏に気をつけたい頭皮ケア

紫外線による皮脂の酸化は大敵!

夏は、紫外線が多い季節。紫外線によって頭皮の皮脂が酸化し、毛穴に詰まって固形化すると、いつも通りのシャンプー方法では落としづらく、髪の成長を妨げるといわれています。また、大量の汗や酸化した皮脂でべたついた頭皮を放っておくと、雑菌が増え、炎症や湿疹の原因になり、髪にダメージを与えやすくなります。

紫外線 皮脂が固形化して次の毛がでづらい 皮脂の酸化

紫外線を避ける頭皮ケア

とてもシンプルな方法ですが、帽子をかぶって日差しを避けるようにしましょう。遮光率が高いツバ付きの帽子であれば、なおベターです。仕事などで、帽子をかぶれない時には、日陰を歩いて、紫外線が頭皮に直接当たらないように心がけましょう。屋内に入ったらすぐ脱いで頭皮の緊張を緩めましょう。

頭皮を守る帽子の選び方

  1. 遮光率が高いものを選ぶ
  2. 直射日光を浴びにくいツバ付きのものを選ぶ
  3. 通気性が高く、頭を締めつけない多少ゆるみがあるものを選ぶ

汗で蒸れた頭皮のケア

夏は、汗で頭皮が蒸れやすいので、正しいシャンプー方法で髪を洗い、タオルドライ後、育毛ローションで保湿してからドライヤーで乾かすようにしましょう。

夏の汗や皮脂を洗い流す頭皮ケア

汗が気になるからといって、何度もシャワーを浴びたり、頭皮を強くこすると逆効果。頭皮が乾燥しやすくなったり、皮脂が余計に増えてしまったりします。頭皮環境のために、適度に正しく髪を洗うようにしましょう。

育毛ケアのポイント

夏は、紫外線で頭皮を傷めやすいだけでなく、過剰な汗や皮脂で頭皮に雑菌が増えやすい季節。帽子をかぶった日はもちろん、紫外線を強く浴びた日は、正しいシャンプー方法で皮脂をしっかり取る工夫をすると良いでしょう。

監修:スカルププロデューサー 大場 隆吉

頭皮ケアをしっかり行いたい夏こそ、積極的に活用したい育毛剤!浸透型発毛促進剤 薬用NANOACTIOND ナノアクションD 医薬部外品 ご購入はこちら
毛穴と頭皮への2つのアプローチで届ける “W(ダブル)ナノ浸透”で、太く、強く、発毛促進。浸透型発毛促進剤 薬用NANO ACTION D 医薬部外品 ご購入はこちら

頭皮ケアの専門家が教える 抜け毛や薄毛の原因と対策!詳しくはこちら

今すぐチェック!抜け毛や薄毛の「原因&サイン」チェック

シャンプー方法や頭皮の触れ方で頭皮環境が改善!正しい頭皮ケアテクニック

ためになる髪や頭皮の情報をお伝えします!知って得する育毛知識 記事一覧へ