発毛促進に大切な3つのポイント!!

知って得する育毛知識 冬に差がつく頭皮ケア

冬の乾燥で、フケのお悩みが急増中!

冬は、湿度が夏の半分ともいわれ、頭皮が乾燥しやすい季節。暖房の効いた住まいでの乾燥や、寒いからとついつい長くなりがちなドライヤーも、頭皮の水分を奪う原因です。乾燥した頭皮をそのままにしておくと、炎症が起きて、角質層が荒れて、細胞の生まれ変わるサイクルが阻害されるので、育毛にも悪影響を及ぼします。また、角質層が荒れたままだと育毛剤が浸透しにくくなることもあります。生活習慣での注意点は、特に年末~お正月にかけての飲み過ぎと運動不足。これらは髪と頭皮に悪い影響を与えることもあります。 冬は汗をかきにくいからといって、シャンプーや頭皮マッサージを怠らないように心がけましょう。

乾燥した空気+暖房+長時間のドライヤー乾燥フケのトラブル頭皮にダメージ食べ過ぎ、飲み過ぎも頭皮に影響!

乾燥を防ぐことでフケをストップ(保湿ケアのススメ)

冬の抜け毛対策として、頭皮の乾燥を防ぐには、何より保湿ケアが大切です。お風呂あがりに濡れた髪を擦らないよう水分を取り除いたら、すぐに育毛剤や育毛ローションをつけましょう。就寝する前に、もう一度育毛ローションをつけると保湿ケアは万全です。その他に、次に挙げる頭皮の乾燥対策を組み合わせると良いでしょう。

  • 育毛剤や育毛ローションなどのヘアケア用品は、
    保湿成分が入ったものを選ぶ。
  • 室内では加湿器を使用したり、
    濡れたタオルを干したりして湿度を高める。
  • 頭皮が乾燥しすぎないように、
    38℃程度のぬるま湯で髪を洗う。
  • シャンプー後のドライヤーは
    短時間で済ませる。
生活習慣を整えて頭皮をケア

冬は、汗も少ないことからお風呂に入らない日があったり、簡単にシャンプーを済ませがちです。湯船につかって体を芯から温め、頭皮を丁寧にしっかり洗うことが血行促進につながります。また、冬は忘年会や新年会など外食の機会が増え栄養が偏りがち。暴飲暴食も体に負担を掛けます。たんぱく質を中心とした栄養をしっかりと摂るように心がけ、適度な運動も意識しましょう。

育毛ケアのポイント

頭皮の乾燥は、フケ、かゆみや炎症の原因になります。頭皮に細かい傷がつくと、保湿成分が流出しやすくなるため、徹底した保湿ケアが大切です。シャンプーの後に育毛剤や育毛ローションを使ったり、頭皮に正しく触れる時間をしっかり取ることで、血流を良くし保湿成分が頭皮にとどまるようにしましょう。そのために、優しくふわっと触れる「ゼログラムタッチ」をマスターし、乾燥しない土壌づくりを目指しましょう。

監修:スカルププロデューサー 大場 隆吉

ナノアクションDで冬の頭皮をしっかりケア!浸透型発毛促進剤 薬用NANOACTIOND ナノアクションD 医薬部外品 ご購入はこちら
毛穴と頭皮への2つのアプローチで届ける “W(ダブル)ナノ浸透”で、太く、強く、発毛促進。浸透型発毛促進剤 薬用NANO ACTION D 医薬部外品 ご購入はこちら

頭皮ケアの専門家が教える 抜け毛や薄毛の原因と対策!詳しくはこちら

今すぐチェック!抜け毛や薄毛の「原因&サイン」チェック

シャンプー方法や頭皮の触れ方で頭皮環境が改善!正しい頭皮ケアテクニック

ためになる髪や頭皮の情報をお伝えします!知って得する育毛知識 記事一覧へ